楽笑ー会則ー

楽笑(Raku-Sho) 会則 (名称)
第 1 条 この会は「楽笑(Raku-Sho)」と称し、事務所を代表宅におく。
(目的)

第 2 条 地域が「楽笑」と共に、志摩を元気にすること、志摩で人を元気にすること、
志 摩の人たちに喜んでもらえることを、枠や形にこだわらず、どんどんと仕掛けをしていき、
共に楽しく笑って生きていける地域づくりを目的に、また、オール伊勢志摩・オー ル三重の組織づくりも視野に入れながら、
感じていることや思っていることを形にでき る受け皿としての役割を担い、
熱量と知恵で、新しい価値と楽しみと笑顔を作っていき けるように、地域住民が主体となって、
「まちおこし」の理念実践を通じて、新しいまち おこし活動を図りながら、
生活に潤いをもたらす団体として、地域の活性化に努めるこ とを目的とする。
(活動)

第 3 条 この会は前条の目的を達成するため、次の活動を行う。
(1) 人と人を繋ぐ・繋げる事業
(2) 「ヒト・モノ・カネ」を地域に行き渡らせる地域活性化・地域促進事業
(3) 里山・里地・里川・里海、そして里親事業
(4) コンピューターシステム等による映像及び画像の企画,製作等業務
(5) イベントの企画・運営
(6) タレントのマネジメント及びプロモート業務
(7) 人材育成のための教育事業
(8) LGBT(性的マイノリティー)(性的少数者)に関する事業
(9) 前各号に附帯または関連する一切の事業
(会員)

第4条 この会は原則として、この会の目的に賛同する者で構成する。
(役員)

第5条 この会に次の役員をおく。
1代 表・・・・・・1 名 3書 記・・・・・・1 名 5会計監事・・・・・・2 名
2代表補佐・・・・・・1 名 4会 計・・・・・・1 名 6事務局長・・・・・・1 名
2 役員の任期は 1 年とする。但し、再任を妨げない。 3 この会に相談役を置くことができる。
(役員の任務)

第 6 条 役員の任務を次のとおりとする。
(1) 代表は、この会を代表して会務を総理する。
(2) 代表補佐は、代表を補佐し、代表に事故あるときはその職務を代行する。
(3) 書記は、すべての会の議事を記録し、各種会合の通知をする等、庶務一般を処理する。
(4) 会計は、この会のすべての金銭の収支を正確に記録する等、会計経理に関する事務を 行う。
(5) 会計監事は、この会の会計経理に関する監査を行う。
(6) 事務局は、会の連絡調整及びその他の事項を処理する。
(7) 相談役は、代表の諮問に応じて、適切な助言と指導を行う。
(総会)

第 7 条 この会は、毎年 4 月に定期総会を開く。総会の任務を次のとおりとする。
(1) 活動報告及び会計監査を経た年度決算報告の承認
(2) 新役員の選出
(3) 新年度計画・予算の審議並びに承認
2 議決は、出席者の過半数でこれを決し、可否同数のときは議長の決するところによる。
(役員会)

第 8 条 この会は、必要に応じて随時役員会を開く。役員会は、代表、代表補佐、書記、 会計、事務局長によって構成する。
(1) この会の全般の運営
(2) 総会に提出する報告並びに活動・予算案の作成
(3) 相談役の推挙
(招集)

第 9 条 総会並びに役員会は、代表が招集し、議長となる。
(経費)

第10条 この会の経費は、会費、寄附金及びその他の収入をもってあてる。
(会費)

第11条 この会の会費は、別に定める。
(会計年度)

第 12 条 この会の会計年度は、毎年 4 月 1 日に始まり、翌年 3 月 31 日に終わる。
(会則の改正)

第 13 条 この会の会則改正は、総会の議決による。
附則
(施行日)
この会則は、平成 27 年 3 月 27 日から施行する。
(最初の会計年度)
この会の最初の会計年度は、平成 27 年 3 月 27 日から平成 28 年 3 月 31 日とする。